• ホーム
  • カンジダが再発する原因はストレスにある?

カンジダが再発する原因はストレスにある?

2020年03月30日

膣カンジダは女性の性器で発症する感染症のひとつで、カンジダ菌と呼ばれる真菌(カビの一種)が増殖することで炎症が起こります。膣カンジダは性行為の経験の有無に関係なく発症する病気で、膣の内部と外部の両方に炎症が起こります。発症すると膣周辺の強い痒みや、白くて粘性の高いおりものなどの不快な症状が出ます。排尿時の痛みや、性交時に痛みが出る場合もあります。

膣カンジダは女性の間でポピュラーな感染症のひとつで、大手製薬メーカーが調査した結果によると女性の5人に1人が経験したと答えています。女性の中には、何度も再発を繰り返して悩んでいる人もいるようです。カンジダ菌は健康な人の体に棲みついている常在菌のひとつで、通常は人体に悪影響を及ぼすようなことはありません。何かの原因で免疫力が弱くなった時に膣やその周辺で異常に繁殖して、炎症を起こす場合があります。

膣カンジダになったら、抗菌薬が配合された外用薬(クリーム)や坐薬(膣錠)で治療することができます。外用薬は一般向けのドラッグストアでも購入できますが、膣の内部の炎症には効果がありません。坐薬は医療用医薬品に指定されているので、医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。膣カンジダは薬で治療ができますが、普段の生活で再発を予防すために注意を払うことが大切です。

免疫力が弱くなるとカンジダ菌が繁殖して炎症を起こすので、膣カンジダを予防するためには日頃の健康管理が大切です。女性の免疫力が弱くなる原因として、ストレスが挙げられます。仕事や家事などでストレスを感じ続けることで、免疫力が弱くなってしまうことがあります。膣カンジダの再発に悩んでいる女性は、趣味などを活用してストレスを解消して免疫力を高めると良いでしょう。

不規則な生活や偏った食生活を続けると、気づかない間に体に負担がかかってストレスが溜まる原因になります。病気に罹りにくくするために生活リズムを整えることは効果的ですが、ストレスを溜めないようにする効果も期待できます。

女性は更年期を過ぎると女性ホルモンの分泌量が減るので、体の不調もストレスの原因のひとつになってしまいます。更年期障害で体の不調に悩まされている方は、レディースクリニックなどでホルモン補充療法を受けることができるかもしれません。

女性は男性と比べて精神的なストレスの影響を受けやすく、ストレスは免疫力の低下につながります。カンジダが再発して悩んでいる方は、自分のライフスタイルを見直してみることをおすすめします。

関連記事
コンジローマのイボは塗り薬で治せる!

コンジローマは男性・女性ともに発症する性病で、感染すると性器・肛門や周囲に小さなイボができます。イボの数や範囲は個人差がありますが、免疫力が弱いと性器や肛門の周囲の皮膚が多数のイボで覆われてしまう場合があるほどです。コンジローマはヒトパピローマウイルスの一種に感染すると発症しますが、ほとんどは良性腫...

2020年05月06日
膣トリコモナスはフラジールで治そう!

膣トリコモナスは感染して発症しても自覚症状が出にくい性病のひとつで、特に男性で無症状の割合が高いという特徴があります。そのため、男性が感染に気づかずに女性にうつしてしまうことが多い伝染病です。トリコモナス症の病原体は、トリコモナス原虫と呼ばれる単細胞の寄生虫です。細菌と比べると体の構造が複雑で、宿主...

2020年02月23日
ジスロマックはクラミジア治療の第一選択薬

クラミジア感染症は細菌に感染して起こる病気なので、抗菌薬を服用して治療をすることができます。性器クラミジアに罹って病院で診察を受けると、初期の症状であればジスロマックという内服薬(飲み薬)が処方されます。ジスロマックはクラミジア治療の第一選択薬で、何か特別な問題がない限りはこの薬が使用されます。ジス...

2019年11月27日
感染力の高いヘルペスの治療方法

性器ヘルペスはクラミジアに次いで日本国内で感染者数の多い性病で、毎年1万件弱が報告されています。性器ヘルペスの病原体は単純ヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスで、感染力が非常に強いので世界的に感染率が高いという特徴があります。病原体に感染して性器ヘルペスを発症すると、性器に強い痛みを伴う水疱ができます...

2020年01月29日
クラミジア感染はコンドームでシャットアウト

クラミジアの病原菌は、ヒトの皮膚の表面の粘膜に感染して増殖します。病原菌が感染する粘膜には性器・直腸・咽頭(のど)・眼球などが含まれていて、体液や血液を通さずに粘膜同士が直接触れ合うだけで人から人にうつってしまいます。病原体の感染を予防するためには、性行為や疑似性行為(オーラルセックスやアナルセック...

2020年01月01日
クラミジアを放置すると不妊のリスクが高まる!

性器クラミジアは発症しても男性・女性ともに症状が軽いので、違和感や痛みなどの自覚症状が出ても放置している人がたくさんいます。クラミジアは自覚症状が出にくいことから過小評価されがちですが、治療せずに放置すると大変なことになるので注意が必要です。女性がクラミジアに感染すると、数週間の潜伏期間を経てから膣...

2019年12月04日
ジェネリック医薬品のアジーを通販で買う方法

ジスロマックは1回飲むだけで性器クラミジアを完治させることができ、副作用が出にくくて安全性が高い薬です。ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンは医療用医薬品に指定されているので、このお薬は日本国内で一般向けには販売されていません。医師の処方箋がないと購入することができないので、薬を購入するため...

2019年11月30日
クラミジアは基本的に自然治癒しない

性器ヘルペスや軽度のカンジダ症であれば、発症して放置しても自然治癒するケースが少なくありません。ただし多くの性病は感染して放置し続けても、自然治癒することはありません。クラミジア感染症についても感染すると適切な治療を受けない限りは完治することはなく、発症して病状が悪化したり他の人に感染させてしまう恐...

2019年11月25日